【Unity】「 F5 デバッグ開始で Unity フリーズ」VisualStudio アップグレード時の注意点と他対策

2020/01/07DEVELOP, Unity

毎日愛用しているVisual Studioのバージョンを2017から2019へ移行しました。2019ではメモリ使用率が下がっていたり、何かと嬉しいことになっています。

そんな中Unityでプロジェクトを立ち上げコードを組み、Visual StudioでF5デバッグを開始すると、UnityEditorが重いどころかフリーズしてしまう。デバッグを中断すると動き出す。仕方なくVisual Studioのバージョンを2017に戻しても、これまで発生していなかった2017で同様にフリーズしてしまう。これでは効率が落ちる、まずい。

解決方法

色々試して1日悩み解決しました。それは、「プロジェクトディレクトリに存在するVisual Studio関連のファイルを削除する」ことです。

削除対象のファイル

  • csproj
  • .sln

どうやら古いVisual Studioで作成したソリューションファイルやプロジェクトファイルを2019で開こうとすると上手くコンバートされずにおかしなファイルになってしまう様です。

ツールのバージョンアップ時には要注意ですね。自動コンバートでおかしな挙動になる場合は試してみると良いさそうです。

それでもダメなら…

Windows Defender が邪魔している可能性があります。害の無いプロセスはチェックの対象外としてしまいましょう。

除外するプロセス

devenv.exe
vbcscompiler.exe
msbuild.exe
dotnet.exe
node.exe
node.js
ServiceHub.Host.Node.x86.exe
perfwatson2.exe

除外対象にすると 副作用として Visual Studio が少し軽くなったりします。

スポンサーリンク

Posted by kazupon