【Unity】SpriteをCube1mのサイズに合わせる

最終更新日

Unityの1メートルは、標準で配置できるCubeの一辺に相当します。3D空間上に物を配置する際には基準となるサイズがあると何かと便利です。

Spriteをこのサイズに合わせたい場合は、スプライトのPixel Per Unitを設定してあげることが手っ取り早いです。例えば32×32のSpriteをCubeの一辺と同じサイズ、つまり1mとしたい場合は「Pixel Per Unit」を32とします。

Cubeと比較すると良い感じに並んで表示されていることが確認できます。

同様に他Spriteの「Pixel Per Unit」も32にしてあげるとサイズに統一感が出て扱いやすくなります。

表示サイズの基準は開発の初期に決めてあげると迷いも減ってお勧めです。

シェアする