【Unity】Line Renderer を使って線を引く

DEVELOP, Unity

昔々Unity5.4 時代では綺麗に描画できなかった線を引くためのコンポーネント Line Renderer 。5.5 移行からは綺麗に描画できる様になっているので試してみました。

5.4と5.5 との比較。角が綺麗になっている。

確認バージョン

Unity 2019.19f1

昔のバージョンを見ても仕方が無いので2019年時点での割と新しいバージョンで動作確認しています。

UnityEngine.LineRenderer – Unity スクリプトリファレンス

使い方

空の GameObject に LineRenderer コンポーネントを追加します。

サンプルコード

画面をクリックする度に線が増える様にしてみます。カメラの Projection は orthographic としています。

using UnityEngine;
[RequireComponent(typeof(LineRenderer))]
public class LineView : MonoBehaviour
{
	[SerializeField, Header("ラインレンダラー")]
	private LineRenderer m_lineRenderer;
	public LineRenderer lineRenderer
	{
		get { return m_lineRenderer; }
	}
	[SerializeField, Header("ラインレンダラー用マテリアル")]
	private Material m_lineMaterial;
	public Material lineMaterial
	{
		get { return m_lineMaterial; }
	}
	private void Start()
	{
		if (lineRenderer != null)
		{
			// マテリアル設定
			if (lineMaterial != null)
			{
				lineRenderer.material = lineMaterial;
			}
			// 色設定
			{
				var colorKeys = new[]
				{
					new GradientColorKey( Color.red, 0 ),
					new GradientColorKey( Color.blue, 1 ),
				};
				var alphaKeys = new[]
				{
					new GradientAlphaKey( 1, 0 ),
					new GradientAlphaKey( 1, 0 ),
				};
				var gradient = new Gradient();
				gradient.SetKeys(colorKeys, alphaKeys);
				lineRenderer.colorGradient = gradient;
			}
			// 線の太さ。
			lineRenderer.startWidth = 0.1f;
			lineRenderer.endWidth = 0.1f;
		}
	}
	void Update()
    {
		if (Input.GetMouseButtonDown(0))
		{
			var clickPos = Camera.main.ScreenToWorldPoint(Input.mousePosition);
			// Zは潰す。
			clickPos.z = 0.0f;
			// 頂点を追加。
			lineRenderer.positionCount++;
			// 追加した頂点の座標を設定
			this.lineRenderer.SetPosition(lineRenderer.positionCount - 1, clickPos);
		}
	}
}

lineRenderer, lineMaterial はInspecterから任意のものを割り当てる様にしてください。

結果

画面をクリックする度に線が繋がれていればOKです。

Posted by kazupon