【Unity】NaniNovel:「SpriteDicing」をつかってキャラクターの容量を削減する

2019/07/15DEVELOP, NaniNovel, Unity

有名なノベルアセット「宴」にもありますが、Naninovelにもあります。ダイシングは、スプライト間の共通部分を細切れに抽出して、ひとつの絵が作れる様に施すものです。

SpriteDicingパッケージを取り込む

公式ドキュメントの解説ページからNaninovelSpriteDicing.unitypackageをダウンロードします。

Characters | Naninovel
https://naninovel.com/guide/characters.html#diced-sprite-characters

Dicingアトラスの作成

DicingアトラスはAssetビューから右クリック[Create]->[Diced Sprite Atlas]から作成します。作成出来たら、[Input Folder]に元となるスプライトの入っているフォルダーを指定し、[Build Atlas]でアトラスを作成・更新します。

上手に細切れになりました。

リソースの登録

メニューバーの[Naninovel]->[Resources]->[Characters]を選択し設定画面を開きます。[Character List]にキャラクター名を設定した後、招待メニューを開きます。

リソースの詳細設定

Dicingの素材を使えるように、Implementationを[DicedSpriteCharacter]に変更し、ResourceのObjectにDicedアトラスオブジェクトを指定します。

これで通常のスプライトと同様にスクリプトを書いて、キャラクターを表示できる様になります。

@char Bear.Default

Posted by kazupon