【Defold】VSCode対応!外部テキストエディターを使ってコーディングする

2020/07/12Defold, DEVELOP

Defold Engineには標準でスクリプトエディターが備わっています。これはこれで有難いのですが、コードは普段使い慣れたテキストエディターで入力したいものです。実はVisual Studio CodeとAtomにはDefold用のプラグインが配布されています。今回はそれぞれを使用するための設定方法を紹介します。

準備

コード補完用にDefold API Snippetsをインストールします。

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=selimanac.defold-vsc-snippets

コード補完イメージ

テキストエディタをVisual Studio Codeに変更する

プラグインがインストール出来たら、Defold Engineを起動し[File]->[Preferences…]を開きます。[Code]タブを選択し詳細を設定します。

Custom EditorVisual Studio Code実行ファイルまでのパス
VSCodeをデフォルトのままインストールしているのであれば、「C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Programs\Microsoft VS Code\Code」となります。
Open File{file}
Open File at Line{file}:{line} -g

これでDefoldからスクリプトファイルを開く時にVSCodeで開かれる様になります。

settings.json の設定

.scriptファイルを settings.json に追加します。

"files.associations": {
    "*.script": "lua",
    "*.gui_script": "lua",
    "*.render_script": "lua",
    "*.editor_script": "lua"
}

追加すると Lua のカラーテーマが適用されます。

便利な拡張機能

VSCode の拡張機能をインストールすることで、Lua のコーディングがかなり楽になります。

お知らせ

スポンサーリンク

Posted by kazupon