【Unity】Androidアプリを64bit対応する

DEVELOP, Unity

Google様よりアプリ開発者へのお願い。

64 ビット要件: デベロッパーにとっての意味
2019 年 8 月 1 日以降:
ネイティブ コードを含むすべての新規アプリとアプリのアップデートを Google Play で公開する際に、32 ビット版に加えて 64 ビット版の提供が必須になります。
延長期間: Unity 5.6 以前を使っている既存のゲームの場合、Google Play は 2021 年 8 月まで 32 ビットのみのアップデートを受け入れます。
2021 年 8 月 1 日以降:
Google Play は、64 ビット対応端末に対する 64 ビット版のないアプリの提供を停止します。つまり、64 ビット対応端末は、Play Store で 64 ビット版のないアプリを利用できなくなります。
これには、Unity 5.6 以前でビルドされたゲームも含まれます。

Google Developers Japan: アプリを 64 ビット要件に対応させましょう

「対応させましょう」なんて優しく語りかけてくれていますが、要するに「32bitアプリはもう時代遅れだ。とっとと64bit対応しないとアプリ配信させないぞ☆」ってこと。

そうだ、64bit対応しよう。

Unityにおける64bit対応方法はとてもシンプルです。

手順

メニューの[BuildSettings…]から[Player Settings…]を開き「Other Settings」のScript BackendをIL2CPPへ変更し、Target ArchitecturesにARM64を有効にします。

この状態でビルドすると64bitアプリが作成されます。

Posted by kazupon