Unity2020.2 へのアップデートはできるならしておいた方がビルド時間が早くなりそう

DEVELOP, Unity

更新内容

Unity 2020.2 TECH Stream is now available for download (unity3d.com)

良さそうな所

プログラマーツールとパフォーマンスの改善

プロジェクトの複雑度が増してくると、新しくコードに変更を加えたときのコンパイルに時間がかかるようになってきて、チームのワークフローや生産性に影響を及ぼし始めます。Unity 2020.2 に向けて、コンパイル時間を最適化するために役立つ複数の機能を設計しました。Unity 2020.2 では、Roslyn 参照アセンブリオプションがデフォルトで有効になっており、エディターで C# スクリプトをコンパイルする際に、asmdef 参照の不要な再コンパイルを避けるようになっています。コードと関係ない部分の変更、たとえばマテリアルやシェーダー、プレハブなどへの変更を行った場合、プレイヤーをビルドする際の IL2CPP による .NET アセンブリの C++ への変換はすべて省略されるようになりました。また、コンパイルのパイプラインで Roslyn アナライザーがサポートされるようになりました。

Unity 2020.2 TECH Stream is now available for download (unity3d.com)

ビルド時間 の短縮や最適化につながる更新が多い印象です。少しでも実機確認までのフローを早めたい場合は更新するのもアリだと思います。

スポンサーリンク

Posted by kazupon