【Unity】Assembly Definition Files でコンパイル時間を短縮する

DEVELOP

Assembly Definition Filesは疎結合なソースコードを小分けにアセンブリ化してコンパイル時間を減らす代物。無駄な待ち時間を減らして開発中の反復作業を減らしましょう。

※C++のプリコンパイル済みヘッダーの設定みたいなものです。

Unity – Manual: Assembly Definitions

Assembly Definition Filesの作り方

Assembly Definition Filesの作成方法は簡単です。Projectビューメニューからアセンブリをまとめたいフォルダ上でCreate > Assembly Definitionで作成できます。ファイル名は他のアセンブリファイル名と被らなければOK。

指定したフォルダ以下以外のファイルと依存性があるとアセンブリファイルをまとめられないためコンパイルエラーになります。

エラーが無く正常に作成されればdllがLibrary以下に生成されます。

これでコンパイル時間が短縮されます。

Posted by kazupon