【VSCode】拡張機能 「Settings Sync」 を使って環境設定をGitHubでバックアップ・リストアする

DEVELOP

VSCodeはマルチプラットフォームで便利なテキストエディタです。GitHubなどに連携することでエディタの環境設定もクラウド保存出来て、いつでもどこでも同じ環境設定を同期させることができます。

バックアップ手順

  • バックアップ元に拡張機能 Settings Sync をインストールする
  • GitHub の Settings > Developer settings > Personal Access Token からアクセストークンを作成する。gistを許可する
  • VSCode 側でアクセストークンを入力する
  • Ctrl+Alt+Uで設定をアップロードする

復元手順

  • 復元先に拡張機能 Settings Sync をインストールする
  • GitHubのアクセストークンを入力する
  • SettingsからSync用のGist IDを入力する
  • Ctrl+Alt+Dで設定をダウンロード

これで例えばWindows と MacOS で同じ環境を素早く同期することが出来ます。 PCを買い替える毎に設定しなおすのは効率が悪いのでこうした拡張機能は有効利用していきたいですね。

Posted by kazupon