【UE4】クラスを作成しブループリントから関数を呼び出せる様にする

DEVELOP, UnrealEngine

ブループリント内で使うためのクラスは UBlueprintFunctionLibrary を継承します。

作成手順

ソースファイルの作成

コンテンツブラウザの右クリックメニューより[New C++ Class] を選択します。

[Blueprint Function Library] → [Next] を選択。

クラス名を命名し、公開・非公開クラスのいずれかを選択し[Create Class] で作成します。今回は Public クラスとしています。

アイコンが格好良い。

ソースコードの編集

生成されたファイルの中身を確認し、ブループリントから呼び出したい関数を定義します。試しに静的関数を追加してみました。

#pragma once
 
#include "CoreMinimal.h"
#include "Kismet/BlueprintFunctionLibrary.h"
#include "MyBlueprintFunctionLibrary.generated.h"
 
/**
 * 
 */
UCLASS()
class MYPROJECT_API UMyBlueprintFunctionLibrary : public UBlueprintFunctionLibrary
{
  	GENERATED_BODY()
  
    // 追加
	  UFUNCTION(BlueprintCallable, Category = "MyBlueprintFunctionLibrary")
	  static void Setup();
};
#include "MyBlueprintFunctionLibrary.h"
 
// 追加
void UMyBlueprintFunctionLibrary::Setup()
{
    UE_LOG(LogTemp, Log, TEXT("called!!!"));
}

ここではSetup という関数を追加しています。内容はただデバッグログを出力するだけのものです。こちらかけたらコンパイルしておきます。

ブループリント で使う

作成したクラスを呼び出してみます。レベルブループリントを開き先ほど作成したクラスの関数(ノード)を検索すると出てきます。

結果

無事に関数が呼び出されました。

スポンサーリンク

Posted by kazupon