【Git】ローカルで設定済みのリポジトリのURLを変更する

Git環境で作業していて、BitBucketからGitHubへ移行するだとか、そういったことが稀にですがあります。そんな時、プロジェクト関係者全員が環境をクローンし直していては、時間の無駄ですし、何より帯域を圧迫して通信環境に優しくないですよね。そんな時はGitのset-urlが有効です。

$ git remote set-url origin [リポジトリのURL]
  • ローカルで設定済みのリポジトリURLを変更した時に有効
  • クローンし直す手間が省ける。時短。

シェアする